行政書士に合格すると、どんな職業に就けるのでしょうか? とても専門的な資格だといえる行政書士ですが、この資格を持っていて可能な職業というと、やはり、行政書士事務所を開業するか、行政書士事務ところに就職して働く人が多いでしょう。 資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を取得したからといって、いきなり開業することは無謀ですから、どこかでしばらく働いてから開業する方がいいですね。 他の職業はあまり考えられないですが、一般の会社に就職する上でも、資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)欄に「行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)」と記入してあれば、会社によっては少しは有利になる場合もあるようです。 ただ、一般の企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)に就職する人はそれほど多くはないですよね。 行政書士の資格を取得した人のほとんどは、行政書士事務所で働くか、開業を目指すといっていいと思います。 行政書士の仕事の範囲はとても広いため、前職などで培ってきた知識や自分の得意分野が非常に重要ですし、強い武器になります。 ですから、この分野ともなれね任せてくださいと、胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)を張っていえるような分野を作っておくことも大事です。 行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)も飽和状態に存在していると言われている昨今、このように何かに特化した行政書士や行政書士事務所が求められているのでしょうー